破産に関するご相談は24時間受付 会社倒産・会社破産の解決事例 ある会社の自己破産ストーリー 破産手続き終了後のお客様の声 破産に関するよくある質問66 弁護士事務所の採用情報

経営者(代表者・社長)の破産後の生活はどうなるのですか?

経営者(代表者・社長)が会社の負債の連帯保証をしておらず、かつ、個人でも債務がない(あるいはクレジットカードでの借入が返済できる程度の額である)場合は、会社のみ破産手続をして、経営者個人は特に法的手続きをする必要はありません。
しかし、会社が破産する場合、経営者が会社の債務を連帯保証していることが多くあります。その場合、たとえ会社が破産して債務を免れても、経営者個人は債権者から連帯保証債務分を請求され、経営者個人にも返済できないことが多く、その場合には経営者個人もその債務から免れるために債務整理手続きをする必要があります。
個人の債務整理手続きには以下の3つの手続きがあります。

詳しくは、「経営者が連帯保証をしている場合」をご覧ください。

自己破産・会社倒産・会社破産に強い弁護士のサポートで再出発を!