破産に関するご相談は24時間受付 会社倒産・会社破産の解決事例 ある会社の自己破産ストーリー 破産手続き終了後のお客様の声 破産に関するよくある質問66 弁護士事務所の採用情報

「個人破産」と「個人再生」の違いは何ですか?

詳しくはそれぞれ以下をご覧ください。

※債務(負債・借金)をゼロにするという意味では「破産」が最も合理的な選択となりますが、「住宅ローンは残っているがマイホームを残したい場合」、「資格制限(保険外交員、警備員、宅地建物取引主任者、旅行業務取扱管理者、証券外務員など)を回避したい場合」、さらには「免責不許可の確率が高いため破産が困難である場合」には、個人再生手続きを選択することになります。
※時々、「『破産』のイメージがどうも…」という理由だけで個人再生を選択したいという方がいらっしゃいますが、個人破産と個人再生のいずれを選択してもその事実が戸籍・住民票・免許証など身分証明書に記載されたりすることはありませんし、選挙権もなくなりませんので、あくまでイメージの違いのみということになります。

自己破産・会社倒産・会社破産に強い弁護士のサポートで再出発を!