破産に関するご相談は24時間受付 会社倒産・会社破産の解決事例 ある会社の自己破産ストーリー 破産手続き終了後のお客様の声 破産に関するよくある質問66 弁護士事務所の採用情報

経営者(代表者・社長)が個人破産する際に、私生活について注意しておいた方がいいことはありますか?

まず、馬券・宝くじ・株式投資・FX(為替)などの投機的行為や、風俗店や水商売店の利用など、浪費行為その他「免責不許可事由」に該当する行為は直ちにやめるべきでしょう。(※免責不許可事由については、「「免責不許可事由」とは何ですか?」をご参考ください。)
また、細かいことではありますが、現在、毎月カード引落しになっている家賃・電気・ガス・水道・(携帯)電話・インターネット・Yahoo料金などは全て今後カード引落しされないように、銀行口座(奥様の口座などが便利なこともあります)からの引落しや直接支払い(コンビニ支払い)に変更しておく方がよいでしょう。

自己破産・会社倒産・会社破産に強い弁護士のサポートで再出発を!