破産に関するご相談は24時間受付 会社倒産・会社破産の解決事例 ある会社の自己破産ストーリー 破産手続き終了後のお客様の声 破産に関するよくある質問66 弁護士事務所の採用情報

会社(法人)に現金200万円があり、破産費用(弁護士費用と裁判所費用)が120万円という場合、残り80万円は経営者(代表者・個人)のものとして所有できますか?

できません。会社の資産は会社のものであって、残り80万円も破産申立代理人弁護士(タキオン法律事務所の弁護士)が保管して、破産管財人に引き継ぐ義務があります。破産管財人はそれらを財団債権(滞納税金など)や破産債権に配当することになります。

自己破産・会社倒産・会社破産に強い弁護士のサポートで再出発を!