破産に関するご相談は24時間受付 会社倒産・会社破産の解決事例 ある会社の自己破産ストーリー 破産手続き終了後のお客様の声 破産に関するよくある質問66 弁護士事務所の採用情報

会社(法人)の自己破産はどんな場合にできるのですか?

簡単にいいますと、「毎月の返済に苦しんでいるような経営状態の会社」は、ほとんどの場合に自己破産ができます。例えば、資金繰りがつかず返済が遅れている場合、手形を落とすことができない場合、従業員の給料を支払えない場合、債務を返済するために新たな借金をしている(自転車操業)場合などです。つまり、いわゆる「経営難」の会社はほとんどの場合に自己破産ができます。そして、破産すると会社の債務(負債・借金・滞納税など)は全て消滅します。
破産法が定める破産の条件(破産手続開始原因)は、「支払不能」と「債務超過」ですが、詳しくは「会社の自己破産手続きとは?」をご覧ください。

自己破産・会社倒産・会社破産に強い弁護士のサポートで再出発を!