破産に関するご相談は24時間受付 会社倒産・会社破産の解決事例 ある会社の自己破産ストーリー 破産手続き終了後のお客様の声 破産に関するよくある質問66 弁護士事務所の採用情報

会社(法人)の破産をせずに、連帯保証をしている経営者(代表者・社長)だけ個人破産することは可能ですか?

残念ながら、不可能です。どこの裁判所も「代表者(社長)が個人破産をする際には、必ず会社(法人)もセットで破産申立をするように」と要請しています。なぜなら、個人破産だけを認めて会社の破産をしないでもいいとなると、誰もが会社破産をせずに、実態のない会社だけが放置されて残ってしまうからです。また、債権者は税務上「損金処理」ができない可能性があり、債権者にも不利益が生じてしまうからです。(債権者である金融機関から、「このまま返済ができないようなら、こちらとしましても損金処理をしたいので、御社を破産させてはどうでしょうか?」と提案される経営者の方もおられます。)
なお、上のように「代表者個人のみ破産申立をして、会社の破産申立をしない」という申立は受理されませんが、逆に「会社のみ破産申立をして、代表者個人の破産申立をしない」という申立は受理されます。

自己破産・会社倒産・会社破産に強い弁護士のサポートで再出発を!