破産に関するご相談は24時間受付 会社倒産・会社破産の解決事例 ある会社の自己破産ストーリー 破産手続き終了後のお客様の声 破産に関するよくある質問66 弁護士事務所の採用情報

管財人面接では何を質問されるのですか?

破産申立をした後、会社の代表者・タキオン法律事務所の弁護士(破産申立代理人)・破産管財人の3者で面接が行われます。場合によっては経理担当者や他の取締役・監査役に同席してもらうこともあります。
管財人面接が行われる場所は、破産管財人の事務所であることがほとんどですが、場合によっては弁護士会館で行われることもあります。また、遠い地方の場合は、裁判所が場所を貸してくれてそこで管財人面接を行うこともあります。
管財人面接の時間は、事案によって様々で、私が経験してきた中では、最短が5分で、最長が3時間です。ただ、一般的には30分~90分で済むことが多いといえます。
破産管財人に質問されるのは、既にタキオン法律事務所から破産管財人に郵送されている破産書類一式のなかで不明点などを確認するものです。「よく会社名義の通帳に出てくるタナカジロウさんとは誰ですか?」「あ、事務所の大家さんです。」や、「元従業員への貸付金10万円について回収不可能と記載されていますが、なぜですか?」「あ、もう5年ほど前に夜逃げして家にはおらず、携帯電話でも全く連絡がとれず、ご両親も他界され、兄弟もおらず、という行方不明状態です」や、「決算書には在庫商品がかなりあるように記載されていますが、これはどこかにあるのですか?」「あ、いえ、粉飾決算でして…」「あ、そうなんですね」などです。
ところで、経営者の中には「会社を破産させたから破産管財人に怒られるのではないか」と心配する方もおられますが、そのようなことは全くありません。破産管財人は会社の資産・負債の状況や経緯等を正確に把握したいだけです。

自己破産・会社倒産・会社破産に強い弁護士のサポートで再出発を!